太りやすい? そうでもない? 人によってなぜ体重の増え方が違う

Detail of woman eating salad Image copyright iStock

たとえ自分にとっては「食べると太る」食べ物であっても、ほかの人にとってはほとんど影響がないかもしれない。そこには大きな個人差があることが、イスラエルで進行中の研究から明らかになった。ダイエットのやり方を考え直す時が来たのかもしれないと、サレイハ・アスハン医師は次のように書いている。


世の中のほとんどの人と同じく、私も正直なところ、永遠に減量を目指している。私の場合は見た目というより健康への懸念が理由だ。「多嚢胞(のうほう)性卵巣症候群(PCOS)」という持病を抱え、家族に2型糖尿病の病歴があるため、糖尿病の高リスク組に属している。

食べ物には常に気をつけてきたが、体重は一向に変わる気配がない。その一方で、好きなだけ食べているのに全く太らない友人たちもいる。ダイエットのルールなど、ことごとく破っても平気らしい。もしかするとそれは単に、私たちが今までダイエットの「ルール」だと思っていたもの自体が間違っていたからではないか。

私は先月、BBCの医療番組「Trust me, I'm a doctor」のため、イスラエルを訪れた。同国のワイツマン科学研究所が実施している、大規模な新研究に参加するためだ。研究チームで1000人の対象者について、それぞれの体が食べ物にどう反応するかを正確に把握しようと、極めて綿密な追跡調査を進めている。そこで得られた初期結果が、私たちと食べ物との関係を説明した教科書を書き換えようとしている。

私たちが物を食べると、体内で血糖値が上昇する。血糖値がピークに達する速さと、体がそれに反応して正常値まで戻すのにかかる時間が、私たちの健康に大変重要な意味を持つ。血糖値が跳ね上がった状態が続くと2型糖尿病につながる。脂肪をため込みやすくなり、それ以外の病気の危険性も高くなる。

そのため食品は従来、血糖値をどの程度上昇させるかによって分類されてきた。「GI(グリセミック指数)」が高い食べ物は体に悪く、低GIの食べ物が体に良いというのは、栄養学の専門家から必ず聞かされる話だ。だがイスラエルのエラン・シーガル、エラン・エリナフ両博士が主導する研究は、これがまったくの見当外れだったと示唆している。

テルアビブに到着すると、私は研究チームにあらゆる数値を測定されて病歴を聞かれた。それだけでなく、血糖測定器を皮下に埋め込まれた。この機器で1週間、絶え間なく血糖値を監視されたのだ。チームの栄養士は私のために6日間のメニューを用意してくれていた。数種類の標準食に、私が普段主に食べている物を一部取り入れ、それに対する体の反応を調べる目的で特別に考案されたメニューだ。

私は救急救命医なので、それは間違いなく私の食生活に影響している。一日中立ちっぱなしで駆け回っているし、勤務が変則的なので食事の時間も不規則になる。よほど周到に用意しない限り、病院の食堂に頼りきりだ。

パンは絶対に買わない。スーパーの売り場に足を踏み入れさえしないし、サンドイッチにおびえて暮らしている。けれどもサンドイッチばかり食べている人たちが周りにいる。

しかしぶどうは大好きで、よく手を伸ばす。何房食べても罪悪感はないし、私にとって「ヘルシー」なおやつの代表格だ。もうひとつ、1日中番組の撮影があった後などに罪悪感なしで食べられるのは、おすしだ。そんな時はサーモンにぎりをひと箱、さっと買って帰る。だがこれらの食べ物は実際、私の体にどう作用していたのか。真実を知る時がついにやって来た。

Image copyright iStock

血糖値の反応には食べ物以外にストレスや運動、睡眠など、さまざまな要因が影響する。そのため研究チームからは、私が朝から晩まで何をしたか、全て携帯電話のアプリに記録するよう指示された。

しかし何よりも重要なのは、2人1組での比較調査だった。チームが当初得たデータから、食べ物への反応には個人差があると推定されていたからだ。そこで私は、自分と同じ性別と年齢のレイラさんと組むことになった。

レイラさんと私はそれから1週間、一緒に全く同じことをして同じ物を食べた。同じレストランに入り、食事の内容をできる限りそろえるため慎重に重さを測った。そうすれば2人の体は似たような反応を示すはずだと教科書には書かれていたが、研究チームの予想は違った。

2週間後に出てきた結果を見て、私はがく然としてしまった。ぶどうやすしなど、私が「ヘルシーなおやつ」だと思っていた食べ物はほとんど全て、血糖値を大きく上昇させていたのだ。チキンサンドやシリアルも同様だった。一方で「良い」食品にはチョコレートやアイスクリーム、レギュラータイプの炭酸飲料などが含まれていた。

一方で、レイラさんの結果は私のとはかなり違っていた。パスタは私にとって「悪い」食品だったが、レイラさんには問題なし。ヨーグルトは私には良く、レイラさんには悪い。バター付きパンへの反応も正反対だった。

そこまでの個人差があるとは、だれも予想していなかったらしい。これほど大勢を対象とした比較研究は行われたことがなかったからだ。どうやら「高GI」とか「低GI」の食品があるわけではなく、自分の体次第で全てが決まるとみられる。どうして個人差が大きいのかについても、研究チームは手掛かりを得たようだ。その答えが示唆するところは、実に興味深い。

Image copyright iStock
Image caption ドーナッツか野菜か。どちらが健康に良いかは、一概に言えないらしい

レイラさんと私は一連の検査に加え、便を採取して研究チームに提出した。便の検査から明らかになったのは、腸内微生物の構成だ。私たちの腸の中には何千ものさまざまな細菌やウイルス、菌類が存在し、食べ物の消化を助けるだけでなく多種多様の化学物質をつくり出している。これが体に吸収され、私たちの免疫システムから代謝、神経伝達物質まで、生命活動のほぼ全てに影響を及ぼしているのだ。

こうした微生物の集団は、まぎれもなく「私たち」の一部をなしている。最近になって遺伝子配列の解析技術が飛躍的に進歩した結果、微生物にどれだけ多くの種類があり、いかに重要な存在なのかが明らかになり始めた。

研究に参加した数百人の腸内微生物と血糖値の変化を照らし合わせることによって、シーガル氏とエリナフ氏はひとつの説にたどり着いた。何を食べると血糖値がどう上昇するかにこれほど大きな個人差があるのは、腸内微生物が原因ではないか。腸内微生物が出す化学物質は、私たちの体をそこまで支配しているらしい。しかも腸内微生物は遺伝子と違って自分で変えられるというのは、実に興味深い。自分の好物が血糖値には「悪い」と判明してしまった人にとって、これは実に大きな朗報だ。

私自身の微生物はどうかというと、今のところ良い話もあり、悪い話もありといったところだ。私は腸内細菌の種類が少なく、これは理想的な状態ではない。

どうやら健康な人ほど種類は多いようだ。しかし限られた私の腸内細菌のうち、2つの主要細菌群はなかなか良い比率で存在しているらしい。そして私の腸内からはPCOSにかかわる多数の細菌が見つかったのも、面白い発見だった。自分のお腹に住む微生物と持病のPCOSが関連していると知って、私は大いに驚いた。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の主な症状としては、(1)卵巣の中に多数の嚢胞ができる(2)排卵が周期的に起きない(3)アンドロゲンという男性ホルモンの血中濃度が高い――の3つが挙げられる。また、中高年以降に2型糖尿病や高コレステロールといった健康上の問題が現れる確率との関連も指摘されている。

しかしエリナフ氏とシーガル氏は私に、自分の腸内微生物が好む物を食べるように心がければ微生物の構成は変えられるはずだ、と強調した。構成が変化すればその影響はさらに広く、全体的な健康状態にも及ぶという。

そこで、自分にとって「良い」食べ物のリストを手に入れた私は、今度はそのリストを基に、研究の次の段階に踏み出すことにした。腸内微生物を自力で変えられるかどうかを試すのだ。検査結果によると、私の腸内では2大細菌群のバランスが取れているものの、第3の細菌群がほぼ完全に欠如している。この3つ目の細菌群が、より健康的な体重のカギとなり得るのだ。また、自分の微生物の種類が少な過ぎることも分かった。

これから1カ月間、私は食生活を調整して望ましい変化が起きることを期待しつつ、イスラエルへ検便の定期便を送ることになる。

ワイツマン研究所のチームは、腸内微生物の状態を自力で改善できる方法を調べようと、1年がかりの大規模な研究を続けている。チームが追い求めているのは、世界中のだれもが便のサンプルを郵送するだけで微生物を分析してもらえる仕組みだ。血糖値の測定を1週間続けるまでもなく、その人の血糖値を安定させて腸内微生物を改善する個別の食生活プランが送られてくる。そんな仕組みが1日も早く実現することを、チームは夢見ている。

研究チームが指摘する通り、肥満や糖尿病がまん延している現状からみて、食生活を改善しようという私たちのこれまでのやり方がうまくいっていないのは明らかだ。その問題を解決するカギが見つかったのかもしれない。自分たちの体に食べ物がどう影響するかについて、私たちはこれまで完全に誤解してきたのかもしれないのだ。

そんなわけで私は今、板チョコやアイスクリームをむしゃむしゃやっている(栄養バランスの取れた食生活が大事なことに変わりはないと、研究者たちは急いで補足するが)。そうするうちにやがて体重が減り始めてもっと健康になれるのかどうか、結果が楽しみだ。

(英語記事 Why do people put on differing amounts of weight?

この話題についてさらに読む