ネアンデルタール人とヒトは10万年前にセックスしていた?

  • 2016年02月18日

レベッカ・モレル科学担当記者(BBCニュース)

ネアンデルタール人の想像図 Image copyright ELISABETH DAYNES/SCIENCE PHOTO LIBRARY
Image caption ネアンデルタール人の想像図

ヒトの祖先とネアンデルタール人との間で、これまで考えられていたよりもずっと古くから混血が起きていた可能性がある。欧州の研究チームが明らかにした。

研究チームによると、発掘されたネアンデルタール人の骨から見つかったヒトDNAの痕跡を分析した結果、異種交配は10万年前に起きていたらしいと分かったという。

これまでは、ヒトが初めてネアンデルタール人に遭遇したのは、ヒトがアフリカ大陸からほかの地域に移動し始めた約6万年前だと考えられていた。

研究結果はネイチャー誌に掲載された。

研究チームの一人、ドイツのマックス・プランク進化人類学研究所のセルジ・カステラノ博士は、「現代人類とネアンデルタール人の歴史を理解する上で大きな意味を持つ」と述べた。

Image copyright BENCE VIOLA
Image caption ネアンデルタール人の骨はシベリアの洞窟で見つかった

シベリア・アルタイ山脈の洞窟で見つかった女性のネアンデルタール人の骨を遺伝子解析したところ、ヒトのDNAが含まれており、10万年前に混血が存在したことが明らかになった。

まゆの周りが発達し、がっしりした体格をもつネアンデルタール人の居住地域は、欧州からアジアまで広がっていた。

現代人類にはネアンデルタール人由来のDNAが存在し、免疫システムや病気へのかかりやすさなど、さまざまな側面で影響を及ぼしていることが、最近の研究で明らかになっている。

しかし今回の発見で、ヒトDNAがネアンデルタール人に受け継がれたことが示され、混血が考えられていたよりもずっと早い時期に起きていた可能性を示している。

ヒトDNAがネアンデルタール人にどのような影響を及ぼしたのかはまだ明らかでない。カステラノ氏は、「機能的な意味合いは現時点では分からない」と語った。

Image copyright Science Photo Library
Image caption 多くの欧州人とアジア人にはネアンデルタール人から受け継いだ遺伝子が存在している

しかし、今回の発見はヒトの祖先の移動について新たな情報を提供してくれている。

仮にヒトが10万年前にネアンデルタール人と性交していたならば、ネアンデルタール人はアフリカで発見されていないので、ヒトとの接触はアフリカ大陸以外で行われた可能性が高い。

とすれば、ヒトがアフリカ大陸から大規模に移動し始める少なくとも4万年前から、アフリカを離れたヒトがいたことになる。

これはヒトがかなり早い時期からアフリカ大陸の外へ移動し始めていたという説の傍証にもなる。イスラエルのスクールやカフゼでは初期のヒトの化石が見つかっているほか、最近の研究では、少なくとも8万年前から中国にヒトが存在していたことを示している。

ロンドンの自然史博物館における人類の起源研究の責任者、クリス・ストリンガー教授は、「ネアンデルタール人や初期の現代人類が当時、アラビアからアジアまでどれほど広範囲に存在したのか分からないため、理論的には、初期の異種交配の場所としては南アジア全域にその可能性がある」と語った。

ストリンガー教授はさらに、「現時点では、どのような形で交配が起きたのか分からない。比較的平和な形でお互いのパートナーを交換したのかもしれないし、(チンパンジーや一部の狩猟採集民に見られるように)相手を襲撃して女性を連れ去ったのかもしれない。あるいは、捨て子や孤児を育てたのかもしれない」と指摘した。

教授はまた、「遺伝学者はいつか、(ヒトとネアンデルタール人両方の方向で)DNAの伝達が主に男性からなのか、女性からなのか、あるいは両方から同じくらいだったのかを解明するだろう。けれどもそれが可能になるためには、もっとたくさんの情報が必要だ」と語った。

(英語記事 Neanderthals and humans interbred '100,000 years ago'

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません