パキスタン・ラホール爆弾攻撃追悼にインド人たちがツイッターで祈り

ラホールの爆発で被害に遭った男性(27日) Image copyright EPA
Image caption ラホールの爆発で被害に遭った男性(27日)

パキスタン東部ラホールの公園で27日夜、自爆攻撃とみられる、家族連れなど70人以上が死亡し、多数が負傷した。事件を受けてツイッターでは多くのインド人が「#PrayForLahore(ラホールのために祈りを)」などと追悼し、連帯の気持ちを表明している。

パキスタンのタリバン系過激派勢力が犯行声明を出し、公園でイースター(復活祭)を祝うキリスト教を狙った攻撃だと表明している。

事件を受けて28日、インド発のツイッターでは「#PrayForLahore」のハッシュタグがトレンド入りした。ほかにも「#IndiawithPakistan(インドはパキスタンと共に)」というハッシュタグが使い、「この悲しみの時にパキスタンを応援しよう」と呼びかける人たちもいる。

ボリウッドの人気俳優ソナクシ・シンハさんやシッダールト・マルホトラさんをはじめ、多くのインド人がこのような「無意味な暴力」は「人道に反する」と非難した。

2014年12月に、パキスタン・ペシャワルの陸軍学校が襲撃され生徒130人が殺害された際にも、同様にインドから追悼の言葉がインターネット上にあふれた。

Image copyright Twitter
Image caption ソナクシ・シンハさんは「怒り、嫌悪感……こんな無意味な暴力行為にどういう意味が? パキスタンの人たちにお悔やみと祈りを」とツイートした
Image copyright Twitter
Image caption シッダールト・マルホトラさんは「ラホールの家族たちに思いと祈りを。とても動揺するし悲しい。恐ろしい無意味な攻撃をただちにやめろ!」とツイートした
Image copyright Twitter
Image caption カルティカ・S・ナイルさんは「ラホール攻撃の犠牲者を思っています」とツイート
Image copyright Twitter
Image caption プラチさんは「この悲しみは言葉にならないほど深い。人間はいても、人間性が見えないので」とツイートした
Image copyright Twitter
Image caption アンキト・オベロイさんは「罪のない人たちが政治と権力とテロの間にはさまれて犠牲になった。人類にとって唾棄すべきことだ」とツイート
Image copyright Twitter
Image caption マノランジャン・バグさんは「パキスタンの人たちに祈りと思いを! 罪もない人たち、安らかに!」とツイートした
Image copyright Twitter
Image caption マンケシュさんは「人間はいるが人間性は見えない……。皆さんのために祈りましょう」とツイート
Image copyright Twitter
Image caption ラビンダー・シンさんは「人類はあといくつ爆弾攻撃を目にするんだ?」とツイート。「ラホールのために祈りを」だけでなく「世界のために祈りを」とも。

(英語記事 Indians #PrayforLahore after deadly Pakistan bomb attack

この話題についてさらに読む