エジプト航空機ハイジャック SNSでは「ネタ」扱いにひんしゅくも

ハイジャックされキプロスのラルナカ空港に緊急着陸したエジプト航空機 Image copyright AP
Image caption ハイジャックされキプロスのラルナカ空港に緊急着陸したエジプト航空機

乗客乗員63人を乗せたエジプト航空機MS181便が29日にハイジャックされ、空港警備に対する懸念が高まった。またしてもテロかと警戒する声も上がった。しかし事件の詳細が明らかになるにつれて、ソーシャルメディア(SNS)では、犯人の動機を「ネタ」にした冗談が飛び交った。そしてそうした反応を見て笑い事ではないと批判するツイートも相次いだ。

犯行の動機はまだ不明だが、ハイジャック機がキプロス・ラルナカ空港に緊急着陸後、自爆ベルトを巻いていると周囲を脅した乗客は元妻に会いたがっているとエジプトやキプロス両政府が明らかにした。

この情報が拡散すると、ツイッターでは冗談が次々と飛び交ったが、@iamkoshiek さんのように「上空3万フィートで50人以上の命を危険にさらすなど、なにもロマンチックじゃない」と批判する人も複数いた。

Image copyright @ATSOULOUPAS
Image caption 事件進行中に「飛行機をハイジャックしなくてもここに来れるよ」と画像がツイートされ拡散した

状況は不透明だったが、元妻の気を引くためにしてはやり方が極端だと犯人をからかうツイートが多く投稿された。

Image copyright @r_uhi
Image caption 「メッセージに返信しないからって、ベイビーが飛行機をハイジャックしたら」。犯人の動機がテロではなく個人的なものだという情報をもとに、こうした冗談ツイートが何千も投稿された。
Image copyright @Karen_Chan
Image caption 「独占写真。ハイジャック犯が元妻にあてた手紙。僕が好き?」

しかし、事件を「ネタ」にして笑うSNSの反応に、激怒する利用者も大勢いた。

Image copyright @shellbaker
Image caption 「エジプト航空機の状況を冗談にしてる人たち。機内の人たちには面白くなかったはず。あんなに『ハイジャック』しやすかったのも、笑い事じゃない」
Image copyright @mybravetweet
Image caption 「エジプト航空機ハイジャックはおかしくない。一部の空港でいかに警備が手抜きか、ISISみたいな組織に知らせてしまってる」

「必ず女性がからんでいる

事件進行中に会見したキプロスのアナスタシアディス大統領は、恋愛が事件の動機かと報道陣に尋ねられると、「必ず女性がからんでいる」と笑った。この反応に、たちまち非難が集中した。

Image copyright @MasalaBai
Image caption キプロス大統領の発言を「カジュアルな女性差別に、ゆっくり拍手を」と批判するツイート。ゆっくりした拍手は批判や皮肉の意味になる。

ほかにも@ellenmcoyne さんのように、「本当に女性ときたら。いつも人質事件を扇動しちゃって」と皮肉をこめたツイートもたくさんあった。

6時間以上たって容疑者が逮捕されるころには、「#EgyptAir」のハッシュタグを使ったツイートは30万個以上に上っていた。

多くの人がエジプト外務省の「男はテロリストではない、馬鹿者だ。テロリストは狂っているが馬鹿ではない。この男は馬鹿だ」というコメントを引用していた。

Image copyright @Ulteri0rM0tive
Image caption 「穏健的な恋人たちはこのテロ行為を非難しないのか? 表に出てこのハイジャックに抗議する平和的恋人たちの姿が見えないが」
Image copyright @Solarholic
Image caption 「今回のことですべての元夫を非難するのは止めよう。ほとんどの元夫は穏健派だ。親しい友人の多くが元夫だ」

(ロジナ・シニ記者)

(英語記事 Jokes about the EgyptAir hijacker divide social media

この話題についてさらに読む