ストーカーと熱烈ファンの違いは何か

クレア・ベイツ、ハリー・ロウ BBCニュースマガジン

リリー・アレンさん Image copyright Getty Images
Image caption リリー・アレンさん

英歌手リリー・アレンさんは4月中旬、男性に長年ストーキングされていたにもかかわらず、警察がまともに対応しなかったと発言して注目された。著名人に過剰に執心する人がストーカーとなったり危害を加えたりする事例は枚挙にいとまがない。では、熱心なファンと危険なストーカーの違いはなんなのか。

リリー・アレンさんが昨年、自宅でのんびりしていたとき、ストーカーが侵入してきて寝室にいるアレンさんに向かって怒鳴り始めたという。

BBCニュースナイトに出演したアレンさんは、「ベッドで横になっていたら、ドアの取っ手が動くのが見えた。次の瞬間、その男が飛び込んできて、怒鳴ったり叫んだりしはじめた。ものすごく興奮して動揺しているのが分かった」と話した。

スコットランド・パース出身のアレックス・グレイ被告(30)は、侵入盗と迷惑行為で有罪となった。グレイ被告がアレンさんにツイッターで最初に接触したのは2008年。以来、7年以上にわたり被告はアレンさんの自宅や会社に姿を現し、中傷や暴言の手紙を残し、自殺すると脅してきた。

こうした過剰なつきまとい行為にさらされた著名人は尽きない。歌手ジョス・ストーンさんや、リトル・ミックスのジェード・サールウォールさんも同様だ。

Image copyright Getty Images
Image caption 今年3月にはリトル・ミックスのジェード・サールウォールさんに対するストーキング容疑で訴追された男性が、裁判所の接近禁止命令を受け入れて起訴猶予となった。

テレビ・アナウンサーで記者のアレクシス・ボウォーターさんは過去3回、別の人物にストーキングされた。

「心理的なダメージはすさまじくて、会ったこともなければ会いたくもない人との望まない関係に追い込まれてしまいがちだ。こちらの生活を支配しようとしている当事者と、関わらざるを得なくなってしまう」とボウォーターさんは言う。

しかし熱心なスーパーファンとストーカーの共通点はあまりないとボウォーターさん。特定の有名人に強い関心を抱いているのは同じだが、共通点はそこで終わるという。

「ストーカーは見ていると怖いけれど、ファンは違う。誰かに会って『とても素敵だから花を贈ろう』と思うのと、同じ相手に何度も何度も同じことをして脅して、追いかけまわして迷惑をかけるのとは、ものすごく違う」

Image copyright Alexis Bowater
Image caption アレクシス・ボウォーターさん。ストーキング対策ネットワークの会長だった

英国民保健サービス精神医療基金の犯罪精神医学顧問、フランク・ファーナムさんも同意見だ。

「熱烈ファンは比較的安定している。同じ相手が好きなファン同士で一緒にいることで、いろいろな恩恵を受けている。社会的な行為だ。熱烈ファンはお互い知り合いだし、同じギグに一緒に行くし、集まって一緒に飲みに行ったりする」とファーナムさんは説明する。

「しかしストーキングの場合、反社会的な行為だ。有名人と自分の間には特別な絆と関係があると思い込んで、ほかのファンは関係ないという態度だ。誰かの寝室に侵入するなど、熱烈ファンのすることではない」

他人に迷惑行為を繰り返し始めるのは、根本的にファン行動とは別物だとベッドフォード大学のエマ・ショート博士は言う。「妄想やせん妄に取りつかれやすい、精神病を患った人の方が、ストーカーになりやすい。こりかたまった有名人ストーカーは、その有名人がやることなすことすべて、自分に向けてのものだと受け止める。何もかも意味を持つようになる。なので、仮に接近禁止命令書を受け取ったとしても、相手の有名人が暗号で自分に連絡してきたのだと解釈したりする」。

「裁判手続きは複雑だ。ストーカーにとっては、対象の有名人と同じ部屋にいるだけで、相手に近づいた気持ちになったりする。リリー・アレンはニュースナイトで、相手が自分に目を合わせてきたと言っていた。同じ部屋にいるというのが、相手の男にはとても大事だったわけだ」

有名人を追い回すストーカーはマスコミの注目を集める。しかし実はストーカー犯の、ごく一部に過ぎない。英国ストーキング相談電話を運営する「スージー・ランプルー基金」の調べによると、英国で1度はストーキングを経験する人の割合は女性で5人に1人、男性で12人に1人に上るという。

有名人のほとんどは自分をストーキングしている相手の正体を知らずに終わる。しかし知り合いにストーキングされるケースが全体の9割を占めるという。

英国ストーキング相談電話によると、ストーカーの22%が被害者の知人で、5%は元同僚、4%は家族・親族だという。最も多いのが元配偶者で、全体の45%を占める。

英中部コベントリーの2児の母、ゾーイー・ドロンフィールドさんは元パートナーにストーキングされた末、襲われた。8時間にわたって暴力を受け続け、脳内出血と首の負傷で入院した。

ドロンフィールドさんによると、パートナーと別れた後に電話や携帯メッセージ、メール、ソーシャルメディアの書き込みなどが相次ぎ、非難・中傷され続けたという。

「個々の行為そのものは、それだけなら恐ろしくないかもしれない。なのでストーキングや、その背後にある陰湿な行為についての理解が、深刻なほど欠けている。一度きりなら怖くなくても、それが10回以上続いて、毎日のことになれば、本当に恐ろしい。『私が何をしたっていうの?』と思ってしまう」

Image copyright Getty Images
Image caption 歌手ジョス・ストーンさんを強盗殺害しようと企てた罪で2013年に男2人が有罪となった

「スージー・ランプルー基金」によるとストーキングとは「被害者への固執・執着が原因で、相手の望まない接触を繰り返し、被害者に不安や恐怖を感じさせる行為」と定義される。

ストーキング行為のきっかけは様々だが、行為の種類は大まかにいって類型的だ。

「時間がたつにつれてストーキングが過剰になり悪化するのは、よくあることだ。ストーカーとは本来、執着心が強いので、長く続ければ続けるほど、強く凝り固まって粘着するようになる」と基金のクリスティアナ・リクソンさんは言う。

「ストーキングの影響は被害者本人に留まらない。典型的なストーカーは、友人や家族や近隣住民など被害者の知人に少なくとも21人は接触する。ストーカーの5%は被害者の知り合いを攻撃するので、被害者の知人たちもストーカーに関わらないことが大事だ。さらに、被害者の3~4割が身体的な危害を受けるという調査結果もある」

被害者は有名・無名を問わず、絶えず不安で追い詰められた気持ちになっている。

「私も他のストーキング被害者と同じで、常に張りつめて警戒していた」とボウォーターさんは言う。

「いつか必ず攻撃されると分かっている。ただそれがいつどこで誰に……が分からない。一気にではなく次第次第に、日常の行動が何もかも変わっていく。いかに自分と家族の安全を守るかが、すべての行動の目的になっていく。いつ何時攻撃されるか分からないとおびえて、常に過ごすことになる」

「スージー・ランプルー基金」によると、ストーキング被害者の8割が女性だ。20代前半の女性が比較的多いが、年齢は守ってくれない。

「上は70代から下は18歳以下まで、被害に遭う女性の年齢は色々だ」とリクソンさんは言う。

では、ストーキングされたらどうしたらいいのか。リクソンさんは、はっきり単刀直入に相手するようにと言う。

「もし相手の行動が迷惑なら、ただちにそう伝えるように。もしそれで止めないなら、二度と返事してはならない。返事をすれば、自分が認められたと相手は受け止めるので。実際に行動に移すのが難しいのは承知している。何をされたかの記録もつけるべきだ。また英国ストーキング相談電話(National Stalking Helpline)に相談したり、警察に通報することもできる」

「スージー・ランプルー基金」は、ストーキング被害者支援に警察はもっと力を入れるべきだと訴えてきた。被害の26.6%しか警察に通報されていないという調査結果もあるほか、通報した人の43%が警察対応は助けにならなかったと答えているという。

英国内で警察対応は場所によって異なる。ボウォーターさんの被害届に警察は「とても真剣に」対応したというが、元パートナーに襲われたドロンフィールドさんは親身になってくれなかったと話す。

「最初にやってきた警察は『次はもっといい彼氏を見つけなきゃ』というものだった。まったく不適切な対応だし、すごく馬鹿にされたと感じた。へきえきとした。途方に暮れて、それだけに自分でなんとかしなくてはと思ってしまった」


ストーカー 主な5つのタイプ

オーストラリアの研究者、ポール・マレン、ミシェル・パセ、ローズマリー・パーセル各氏の分類によると――。

1. リベンジ(復讐)ストーカー: 別れた性的パートナーのことが多く、よりを戻すか復讐するかのどちらかを期待している。被害者を身近に感じられるから、あるいは自尊心を回復できるからが動機。

2. 孤独なストーカー: 言いたいことが言える親しい相手がいない。被害者は赤の他人か遠い知人のことが多く、せん妄など精神病的な症状が行動の原因となっていることが多い。有名人ストーカーはこのタイプが多い。

3. 不満なストーカー: 何らかの形で被害者に不当な扱いを受けたと感じている。偏執病など精神病が原因となっていることもある。

4. プレデター(捕食)的ストーカー: 非社会的な性的興味を追及している。のぞき見で性的満足を得るためにストーキングが始まるが、性的暴行につながることもある。

5. お粗末な恋人志願: 短期間の性的関係を求めている。見知らぬ他人や遠い知人を短期間だけストーキングする。しつこく粘着する場合は、自分の行動で相手が危機感を抱いていることに気付かないせいで、他人との関わり方に影響する症状があるかもしれない。

(英語記事 What's the difference between a stalker and a super-fan?

この話題についてさらに読む