オーロラの下でサーフィン 写真家が幻想的光景捉える

オーストラリア人のプロサーファー、ミック・ファニングさんがこのほど北欧ノルウェーで、オーロラの下でのサーフィングに挑戦した。同行した写真家が幻想的な光景を捉えた。

ロフォーテン諸島の空に掛かった北極光(オーロラ)の下でサーフィンするファニングさん(35) Image copyright Emil Sollie/Mats Grimsæth
Image caption ロフォーテン諸島の空に掛かった北極光(オーロラ)の下でサーフィンするファニングさん(35)
ファニングさんは2人のノルウェー人写真家と一緒にテントに泊まり、オーロラの出現を待った Image copyright Emil Sollie/Mats Grimsæth
Image caption ファニングさんは2人のノルウェー人写真家と一緒にテントに泊まり、オーロラの出現を待った
シドニーに住むファニングさんは、一生忘れられない体験になったと語った Image copyright Emil Sollie and Mats Grimsæth
Image caption シドニーに住むファニングさんは、一生忘れられない体験になったと語った
ファニングさんたちは、「二晩キャンプして光を待った」という Image copyright Emil Sollie/Mats Grimsæth
Image caption ファニングさんたちは、「二晩キャンプして光を待った」という
ファニングさんは、オーロラが現れた時に波がなかったらどうしようかと気をもんだと話す Image copyright Emil Sollie/Mats Grimsæth
Image caption ファニングさんは、オーロラが現れた時に波がなかったらどうしようかと気をもんだと話す
しかし、キャンプ3日目に条件はそろった。ファニングさんはABCニュースに対し、波は「驚くほど良かった」と語った Image copyright Emil Sollie/Mats Grimsæth
Image caption しかし、キャンプ3日目に条件はそろった。ファニングさんはABCニュースに対し、波は「驚くほど良かった」と語った
次の波を待つ間、ファニングさんは、「空を見上げ、興奮のあまり叫んでいた」と話す Image copyright Emil Sollie/Mats Grimsæth
Image caption 次の波を待つ間、ファニングさんは、「空を見上げ、興奮のあまり叫んでいた」と話す

写真提供:レッドブル

この話題についてさらに読む