怒りや憎しみを感じても幸せになれる=国際研究

ケイティ・シルバー・ヘルス担当記者、BBCニュース

研究は幸せのカギは否定的感情に隠されている可能性があると指摘する Image copyright Getty Images
Image caption 研究は幸せのカギは否定的感情に隠されている可能性があると指摘する

怒りや憎しみといった否定的な感情を含めて、望むままの感情を感じられる方が幸福度が高い――。英国やイスラエルなどの研究者たちが共同で実施した研究で、こうした結果が出た。

米国、ブラジル、中国、ドイツ、ガーナ、イスラエル、ポーランド、シンガポールの大学生2300人を対象にした研究は、「ただ喜びを感じ、苦痛を避けること」が幸せではないことが示された。

研究者たちは参加者たちに、どんな感情を抱きたいか、実際どんな気持ちを感じているかを尋ねた。

回答はその後、参加者が全体の幸福度、もしくは人生への満足度を採点したデータと比較された。

その結果、人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているが、実際に感じている感情が、感じたいと希望する感情と一致するほど、人生の満足度が最も高いことが示された。

否定的な感情

研究を主導したイスラエルのエルサレム・ヘブライ大学のマヤ・タミール博士はBBCニュースに対し、「不愉快な感情であっても、もし自分が感じたい感情であれば、その方が幸せになる」と語った。

意外なことに、参加者の11%が愛情や共感などの肯定的感情を減らしたいと思っており、10%が憎しみや怒りなどの否定的感情をもっと感じたいと回答した。

タミール博士はこう解説する。「児童虐待について読んだ時に怒りを感じなかった人は、虐待される子供の苦しみに自分はもっと怒るべきだと考えるかもしれない。その場合は、実際に経験したよりもっと怒りたいと思うだろう」。

タミール博士はさらに、たとえば自分を虐待するパートナーと別れたいのに別れない女性は、相手への愛情が少ない方が幸せになれるかもしれないと説明した。

「悪感情は良いこと

ケンブリッジ大学ウェルビーイング・インスティテュートのアナ・アレクサンドローバ博士はこの研究について、幸福感に関する既成概念の再考を促すものだと話した。

幸福とは、肯定的感情が否定的感情をどれだけ上回るかで測れるものだという、伝統的な尺度を、この研究は上手に問い直していると博士は評価する。

しかし、不愉快な感情については、この研究は怒りと憎しみのみを対象にしているため、限界があると博士は指摘した。

「怒りや憎しみは幸福と両立するかもしれない。だが、恐怖や罪悪感、悲しみや不安といった不快な感情もそうだという裏付けはない」

タミール教授は、今回の研究はうつ病の患者には当てはめられないと述べた。「うつ病の人は、他人よりももっと悲しく、もっと不幸だと感じたいと願う。これは問題をさらに悪化させる」。

一方で研究は、常に明るい気持ちでいるべきだという思い込みの問題点も、浮き彫りにしているとタミール教授は指摘する。

「欧米文化では、人はいつもとても明るい気持ちでいたいと願っている。だいたいいつも幸せだと感じていたとしても、もっと幸せになるべきだと考えるかもしれず、それがその人を全体として不幸にさせるかもしれない」

(英語記事 Anger and hatred can make us feel happy, says study

この話題についてさらに読む