ドナルド・トランプ氏が夏休み中に行った40いくつのこと

ジョン・ソープル北米編集長

President Donald J. Trump arrives at the The White House on the presidential helicopter Image copyright Getty Images

米国ではもうすぐ、何百万人もの子供たちが新学年を迎える。そして学校に戻って最初に出される宿題と言えば、「夏休みの思い出」の作文だ。

自分がドナルド・トランプだったらと、一瞬でいいので想像してみてもらいたい。そしてドナルド・トランプな自分が「夏休みの思い出」の作文を、宿題に出されたとしたら。まずは、紙を余分にもらった方がいい。というのも、それはそれは盛りだくさんな夏だったのだし。

遠いおぼろげな記憶の果てにかすんでいる自分の学校時代を思い返せば、確か先生は、単にやったことを箇条書きにするのではなく、一つ一つを分かりやすく説明するように指示していたのではなかったか。

けれども、それについては先生、ごめんなさい。ドナルドとホワイトハウスの愉快な仲間たちが今年の夏にやったことは、以下に箇条書きする通りです――。

  1. アンソニー・スカラムーチという新しい広報部長を採用
  2. それに抗議してショーン・スパイサー報道官は辞任。自分は喜んでいると言うが、実は怒り心頭
  3. 「ザ・ムーチ」ことスカラムーチの猥雑(わいざつ)なインタビューが、米誌ニューヨーカーに掲載される
  4. トランプ氏、気の毒なラインス・プリーバス首席補佐官を解任(プリーバス氏はアンドリュース空軍基地で置き去りに)
  5. 新しい首席補佐官を任命。国土安全保障長官だったジョン・ケリー将軍だ
  6. ケリー新補佐官の初日、大統領は就任したばかりの広報部長を解任。スカラムーチ氏はわずか10日しかもたなかった。牛乳だってもう少しもつ
  7. 新しい広報部長を任命。7カ月で4人目だ
  8. 司法長官を公の場で繰り返し辱めるが、ジェフ・セッションズ長官はしぶとく座に残る
  9. 医療保険改革法案の採択で敗退
  10. 反対票を入れた共和党議員3人を、公然と繰り返し罵倒する
  11. ツイッター経由でトランスジェンダー(性別越境者)の軍入隊を禁止。軍には伝えず
  12. 軍幹部たちは、「何を言ってるのか。ツイッターの命令など受けない。指揮系統というものがある」と反論
  13. 11~18歳のボーイスカウトたちを前に、政治的演説を披露
  14. 史上最高の出来栄えの演説だったと、ボーイスカウトの代表から電話があったと主張
  15. ボーイスカウトの代表はそのような電話はしていないと反論。さらに、大統領の不適切な演説内容を謝罪する声明を、ボーイスカウトあてに発表
  16. 国境政策をメキシコ大統領に電話でほめられたと発言
  17. メキシコ大統領は、そのような電話はしていないと反論
  18. ホワイトハウスは大統領は嘘つきではないと弁明するも、大統領の発言を説明できず
  19. 超党派のロシア制裁法案署名に数日かけた後、議会に無理やり署名させられたと議会を非難
  20. 米国外交官数百人を国外追放にしたウラジーミル・プーチン露大統領に感謝表明
  21. 機密漏洩(ろうえい)を非難するも、自分がいかに愛されているかの証明なので漏洩は好きだと発言
  22. 警察に、逮捕時には容疑者を手荒く扱うよう推奨
  23. 各地の警察幹部がこの発言を非難。ホワイトハウスは、冗談だったと説明
  24. 自分が何事をなすにも欠かせない共和党の上院院内総務を、公の場で繰り返し辱める
  25. 北朝鮮に反応して核戦争を脅すかのように見える
  26. 北朝鮮の最高指導者が攻撃すると脅したグアム(大規模な米軍基地あり)に、話題になれば観光に弾みがつくと応援
  27. スティーブ・バノン首席戦略官は「北朝鮮について軍事オプションはない」と、大統領と食い違う発言
  28. 軍事オプションでベネズエラを脅す
  29. 女性1人が死亡したネオナチ集会の後、双方に非があると責める
  30. 発言に猛反発され、発言を修正。白人至上主義者とネオナチとクー・クラックス・クランを非難
  31. 無理やり発言を修正させられたことにいら立ち、修正した内容をすべて白紙に戻し、再び双方を非難。極右集会には「良い人たちもいた」と
  32. 米統合参謀本部の軍幹部たちが、あらゆる形の差別を非難。全軍の最高司令官をそれと分かる形で言外に批判
  33. 大統領として(極右集会と衝突のあった)バージニア州シャーロッツビルを訪れるか尋ねられ、自分が所有する同州のワイン畑を宣伝
  34. 民主党、共和党、大統領経験者たち、各国指導者、自分のスタッフ、そしてローマ法王から非難される
  35. 自分の諮問委員会を去る企業経営者たちを、公の場で辱める。企業トップが次々と去り、複数の政府経済諮問委員会が解体される
  36. トランプ勝利の立役者でもあったバノン首席戦略官を解任
  37. アフガニスタン戦略で回れ右。駐留米軍の撤退を繰り返し公約していたが、実際には増派を発表
  38. メキシコ国境の壁の建設費が捻出されなければ、連邦政府を閉じると脅す
  39. アメリカ国民の団結を呼びかける
  40. その翌日にきわめて分断的な演説で自分の政敵や批判勢力を罵倒
  41. さらにその翌日、再び団結を求める
  42. 違法移民と疑われるスペイン語話者の拘束をやめろという裁判所命令に背いた罪で有罪となった、アリゾナ州のジョー・アルパイオ元保安官に恩赦を与える

――しかも、夏は政界において静かな時期のはずなのだ。8月の政界はしんと静まりかえり、何も起きない時期のはずなのだ。時間は遅々として進まず、ニュース速報の中身は薄く、サーフィン犬やお菓子作り大会番組のニュースが、話題を独占する――8月とはそういう時期のはずなのだ。

バラク・オバマ前大統領の首席補佐官で今はシカゴ市長のラーム・エマニュエル氏は、トニー賞の「最も劇的」部門にホワイトハウスを推薦するつもりだとツイートした。「最優秀ドラマ」ではなく、単に騒ぎが起きた回数で一番だったという意味で。

では大事な質問を この数々の騒ぎに意味はあるのか

こんな調子でいつまでも続けられるわけはない、ドナルド・トランプが4年の任期を満了できるはずがないと言う評論家や政界関係者は、ワシントンにいくらでもいる。一部の人にとってこれは期待を込めた発言だが、一部の人にとってこれは本物の冷静冷徹な分析だ。

Image copyright Getty Images
Image caption この夏、ホワイトハウスを去ったのはスティーブ・バノン首席戦略官だけではなかった

私は確信を持てずにいる。そもそもドラマチックな騒ぎに混乱に騒音こそ、この大統領の元気の元だ。騒ぎが嫌いなら、これほど自ら騒ぎに火をつけて煽ったりはしない。

しかし、連邦議会の議員たちとの関係、国内各地のビジネスリーダーたちとの関係、ウォール街の金融関係者との関係、軍幹部との関係、そして世界各国首脳との関係において、大統領の周りの混乱と騒ぎは意味を持つ。たとえば米軍幹部は、自分たちの最高司令官のふるまいに猛反発したように見える。

メキシコ国境の壁の建設費用が得られなかったら、政府を閉じることになってもかまわないという脅しを、しばし考えてみてもらいたい。大統領は、選挙公約を果たすためだと言っているが、議員たちは(まだこそこそと)「でもそれは、メキシコに払わせるって約束だったよな」とつぶやいている。

大統領は、共和党のミッチ・マコネル上院院内総務を公の場で罵倒し続けている。何度となく。それでいったいどうやって、自分が望むインフラ関連法案を成立させられるというのか。いったいどうやって、税制改革を実現できるというのか。

Image copyright Getty Images

支持者はどうか

それに、トランプ氏の支持基盤の問題がある。支持基盤にひびは入ったのだろうか。確かに、少しなら。世論調査の支持率の動きは心配ではないのか。もちろんだ。不支持率は上がり、支持率は下がりつつあるように見える。

それでもなお、支持者たちは100%、トランプ氏を応援している。大声で歓声を上げて、拍手を浴びせて、夢中になって楽しんでいる。

自分たちが選んだ、自分たちの代表なのだから。国の仕組みと戦い、ワシントンの既得権益の「沼をさらい」、主流派に真っ向から挑んでいるのは。つい先週、アリゾナ州フィーニックスに集まった大勢を見てみるといい。

再選も?

つまり、自分が目指す立法措置をトランプ氏がなんとかギリギリ、間一髪のところで実現するというシナリオは、十分あり得ると私は思うのだ。その場合、2020年になったら国民に向かって「約束は果たしたよ」と堂々と言える。

Image copyright Getty Images
Image caption 上下両院合同会議を前にするトランプ大統領

それよりもっとあり得るのは、トランプ氏の動きが次々に阻止され、重大法案でことごとく失敗し、オバマケアの改廃もできず、税制も改革できず、メキシコとの間に壁も造れず、崩れつつある米国のインフラも何も整備できないという、そういう展開だ。

しかしだからといって、トランプ氏にとっておしまいということにはならない。そうなったらなったで国民に向かって、「この国は仕組まれている。沼をさらうには、思っていたよりもっと時間がかかりそうだ。共和党首脳陣の一部を追い出さなくては。戦いは続く。みんなして、アメリカを再び偉大にしよう」と言えばいいのだ。

ということで問題は、ドナルド・トランプのエゴの話になる。そして、混乱しまくった今年の夏を振り返りつつ、今のホワイトハウスはどういう選択を迫られるのかという話にも。

ドナルド・トランプは、果敢に挑戦したものの大失敗に終わった事例として歴史に名を残したいのか。それとも、飽くなきエネルギーと取り引きをまとめる才覚でもって不利な状況を逆転させた勝者として記憶されたいのか。

もし勝者として名を残したいのなら、敵に回した大勢との関係を急ぎ修復する必要がある。しかも記録的な猛スピードで。しかしもし、盛大な失敗例として終わりたいなら、得意の支持者集会を今後も続ければいい。支持基盤だけが盛り上がり、それ以外の人たちはどんどん気分が悪くなっていく。ただそれだけだ。

(英語記事 What Donald Trump did on his summer holiday

この話題についてさらに読む