ともかく寒い 平昌は冬季五輪には寒すぎる?

ケイティ・フォルキンガム記者、BBCスポーツ

THIS PIC CAN BE REPLACED BY DIGITAL VIDEO FROM LAURA Image copyright Getty Images

ゆがむスキー板、人工雪、予想体感温度は零下25度。平昌は冬季五輪の開催地としては寒すぎるのか?

冬季五輪というだけのことはあって、開催地は寒いのが常だ。しかし、9日に始まった2018年の冬季五輪は、あらゆる記録を塗り替えようとしている。

心配する選手たちは、ソーシャルメディアでぶるぶる震えている。零下の気温は、競技や道具、17日間の大会に備える選手やファンたちにとって、実際どんな意味を持つのだろうか。

どれくらい寒くなるのか

韓国気象庁の気象予報の発表によると、開会式の温度は零下2~5度だという。

気象庁によると、これは例年の2月の平均気温の約0度と「同程度」で、夜間は零下約10度まで下がる。これまでの五輪の最低気温は、1994年ノルウェーのリレハンメル冬季五輪で零下11度だった。

平昌は標高約800メートルで、韓国で最も寒い地域の一つとされる。その緯度から地球上で最も寒い場所だ。しかし英国でも7日に一部地域の気温が零下9度まで下がった。なぜそんなに騒ぐのか。

答えは体感温度だ。

3日の開会式予行演習では、身を切るような風で温度が零下23度まで低下した。気象庁は、観客に「覚悟」するように伝え、五輪大会関係者は出席者に「しっかり着込んで寒さに備えるよう」警告している。

Image copyright BBC Sport
Image caption 開催地域は太白山脈に位置し、北朝鮮との国境から約80キロの場所にある。シベリアや中国東北地域の東北平原から吹き付ける風の影響も受けるため、体感温度は気温よりはるかに寒い

天然の雪には寒すぎる? 人工雪を投入

あまりに厳しい寒さのせいで、平昌の積雪量は変わりやすい。また、開催地域ではめったに大吹雪にならない。2017年2月は7日間しか雪が降らず、平均積雪量は6.3センチだった。

大会関係者もこの点を懸念し、440万ポンド(約6億7000万円)かけて人工降雪機を投入した。降雪機は冷却水と圧縮空気を「スノーガン」から発射する。

回転と大回転が開催される龍平アルペン競技場では、3カ所のポンプ場から給水し、降雪機250機が設置された。

カナダ人にも寒すぎる

スケルトンのカナダ代表ケビン・ボイヤー選手は、「風が一番ひどい。五輪村を歩くのが、まるで悪夢だ」と語る。

「笑うしかない。自分たちはカナダ出身なので寒さには慣れているはずなのに、こんな寒さは初めてだ」

最初の難関は9日の開会式だ。出席しない選手たちもいるという。イタリア選手団はすでに健康に問題のあるスタッフに対し、開会式を欠席し、選手には体を常に動かしておくよう繰り返し伝えている。

米国選手団は開会式のために、特製の電熱ヒーター内蔵ジャケットを着用する。フリースタイルスキーのオーストラリア代表リディア・ラシラ選手は競技前の寒さを避けるため、開会式で団旗の旗手を辞退した。

英国選手団は「かなりの」時間をかけて検討を重ね、「機能と暖かさ」両方を重視したユニフォームをデザインした。

競技について言うなら、クロスカントリースキーの規則では、零下20度で競技を延期することになっている。ただし、これは気温の話であって、体感温度は考慮していない。

五輪競技はこれまで何度も、風や大雪、あるいは霧を理由に延期されたことがある。しかし、寒さだけで順延したことは一度もない。

クロスカントリースキーの英国代表アンドリュー・マスグレイブ選手はツイッターで、「零下5度程度だけど、風のせいでバルト海みたいだ。先週みたいに零下20度に下がったらどれくらい寒く感じるのか、考えたくもない」と書いた。

Image copyright @musgraveandrew
Image caption クロスカントリースキーの英国代表アンドリュー・マスグレイブ選手は、平昌で3度目の五輪出場となる

道具や競技は

「コーチの1人が、今日以降はスキー板を使わないと言っていた」

スキーコース技術者クレイグ・ランデル氏は7日、練習を監督しながらこう話した。「どうしようもないけど、寒さで雪がスキー板の裏に接着し、板が曲がる」。

「寒さでスキー板が一瞬でダメになる」

オーストリアのアルペンスキー、マルセル・ヒルシャー選手は、「気温が氷点下20度まで下がると、雪の結晶がすごく鋭くなる。火をつけてスキー板の裏を燃やすようなものだ。雪の結晶がそこまで鋭角になるから」と説明する。

ここまで凍った表面だと、スキー選手やスノーボード選手はターンのためにエッジを立てるのに苦労し、競技が困難になる。とはいっても、氷が滑らかならば、ダウンヒルやスーパー大回転といったスピード系のスキー競技にとっては究極の滑降コースとなる。

ボブスレーおよびスケルトンのコースでは、気温があまりにも下がると氷がくっつきやすくなるため、最終的にはそりのスピードが落ちてしまう。

しかしデイブ・ライディング選手のファンには朗報だ。過去に4度の五輪出場経験を持つチェミー・アルコット氏がBBCラジオ5ライブに出演した際、次のように語った。「人工雪はとてもグリップが効くので、競技しやすい」

「チームでも有望株のデイブ・ライディング選手にぴったりだ」

ではファンは?

開会式および閉会式が行われる、五角形の平昌五輪スタジアムは、時間節約のため屋根なしで建設された。しかし現在の予想気温を考えると、五輪主催者側はこの決定を後悔することになるかもしれない。

総工費5800万ドル(約63億円)のスタジアムはまた、高価すぎることを理由に集中暖房設備を設置しなかった。スタジアムは冬季パラリンピック終了後の3月には解体されてしまうためだ。

報道によると、五輪スタジアムで12月に行われたコンサートを見ていた6人が低体温症で治療を受けた。あまりの寒さのため、トイレでうずくまっていた観客も複数いたという。

そのため、9日の開会式の観客数は4万3000人に上るとみられているが、各自にカイロ、毛布、温熱座布団、ポンチョが配られた。また、暖房付き避難所18カ所、大型ヒーター40基、風よけが設置された。

Image copyright Getty Images
Image caption 五輪スタジアムは五輪・パラリンピック終了後に解体される

過去の大会は

前回の冬季五輪は、2014年に亜熱帯の都市ロシアのソチで行われた。気温は20度にまで上がり、史上最も暖かい五輪とされた。2012年のロンドン五輪よりも気温が高い日が数日あったほどだ。

主催者側は、必要な分の雪を蓄えておかなくてはならなかった。そのほとんどが人工雪だった。

平均気温は10度をわずかに下回り、その4年前の2010年バンクーバー冬季五輪の時に作られた記録を塗り替えた。

当時のバンクーバーはかつてないほど暖かく、五輪開会式3日前の2月9日まで31日間も続いた。

2014年のソチ大会と同様、バンクーバー大会の主催者も、トラックの荷台で雪を運ばなくてはならなかった。しかしアルペン・スキーとノルディック・スキーの競技に足りるだけの自然雪があるのは、バンクーバーの北120キロ先にあるウィスラーのスキー場だけだった。

Image copyright Getty Images
Image caption 2014年ソチ冬季五輪で、雪が溶けた地点を通り過ぎるクロス・カントリーのスキー選手

<分析> BBC天気気象予報士サイモン・キング

ソチとバンクーバーは比較的暖かく、積雪量に問題があった。それに対して今回の五輪はずっと寒くなる。

気温にはばらつきがあり、平昌マウンテン・クラスターは特に寒くなるだろう(中でも高い位置にあるフェニックス・スノーパークと旌善アルペン・センターで気温がずっと低くなる予想だ)。一方で、各種競技が行われる江陵コースタル・クラスターでは、そこまでの寒くならないようだ。

平昌では通常、2月は年間で最も乾燥する時期だが、それでも月に12日間ほど降雪があり、平均約5センチの新雪が積もる。

ただしこれは平均だ。今後2週間の天気は、平均よりも寒くなる可能性が非常に高く、温度はほとんどの間、氷点下となる。

風が吹けば、体感する寒さは激しく、特に寒い会場では零下25~30度くらいに感じるだろう。また、五輪期間中は平均より降雪が少ないと予想されており、たまに雪が降っても全体的には乾燥した状態が続くだろう。

英国のスノーボード女子代表エイミー・フラー選手は「夢のスノーボード・スロープスタイル・チーム。すごいな、氷みたいに寒い!!」とツイートした。

Image copyright @aimee_fuller
Image caption Team GB's snowboarders pile on the layers before hitting the slopes英国のスノーボード代表は厚着でスロープに臨んだ

(英語記事 Winter Olympics 2018: Will Pyeongchang be too cold for a Winter Games?

この話題についてさらに読む