インドの「不可触民」 今も続く差別の形

サガル・シェジワルさんの写真 Image copyright Sudharak Olwe
Image caption サガル・シェジワルさんの写真

インドの被差別民「ダリット」への差別や暴力で命を失った人の遺族たちを撮影した写真展がこのほど、同国西部ムンバイで開かれた。写真家のスドハラク・オルウェ氏は、数百万人のダリットにとって今も続く差別の現実を、作品に写し取っている。

ヒンズー教の教えに基づく苛烈なカースト制によって、ダリットは社会の最底辺で最も虐げられる立場に置かれている。

数万人のダリットが今年3月、最高裁の判決に抗議してデモを参加した。自分たちを守るために作られた法律の力を、弱める判決だと声を上げていた。

インドの最高裁の判断は、不可触民を指す「スケジュールド・カーストとスケジュールド部族」の保護に関する法律が過去に「乱用」されていたというものだった。しかし、大勢がこれに激しく怒り、連邦政府は最高裁に判断の再考を求めた。

オルウェさんの写真展はそうしたなかで開かれた。主催者は、最高裁判断を機にダリットを守る法律がこれ以上薄められたりしないよう、思いを込めて作品を選らんだと話す。全ての作品はインド西部マハラシュトラ州で撮影されたもので、「被害者たちは闘う意思があったが、彼らを助ける仕組みがなかった」のだと説明した。

ダリットを保護する法律があるにもかかわらず、2016年だけでダリットに対する犯罪が4万件以上報告されている。かつてはダリットと上位カーストの紛争の多くは土地や賃金、水、住宅、不可触民の扱いに限られていた。しかし、活動家たちによると、社会的上昇を目指す若いダリットが増えるにつれて、これを受け入れられない上位カーストの人間による暴力に火がつくようになった。

野原で遺体で発見

2015年5月、当時24歳だった看護学生のサガル・シェジワルさんは、友人の結婚式に出席するためシルディという町を訪れた。いとこ2人と一緒に酒屋に入った時、シェジワルさんの携帯電話が鳴った。着信音メロディーは、ダリットたちが崇拝するインドの政治家B・R・アンベードカル博士を称える歌だった。

Image copyright Sudharak Olwe
Image caption サガル・シェジワルさんの母親(写真左)と姉妹(同右)

警察への被害届によると、店の前で飲んでいた8人の男たちが、着信音に反発し、変えるようシェジワルさんに求めた。口げんかが暴力に発展し、男たちはシェジワルさんを瓶で殴打し、蹴ったり殴ったりした末、バイクで連れ去ったという。

警察は数時間後、シェジワルさんの遺体を野原で発見した。検死の結果、シェジワルさんは何度もバイクにひかれたためとみられる多発性骨折を負っていた。

容疑者たちは保釈金を払い釈放された。

石切場に遺体で

マニク・ウダゲさん(当時25)は2014年、B・R・アンベードカル博士の誕生日を祝う大々的なイベントを計画したために、鉄の棒で殴られ死亡したとされる。

Image copyright Sudharak Olwe
Image caption ウダゲさんのきょうだいと母親

イベントが予定されていた場所は、西部の都市プネ。市内で特にカースト上層民が多く住む地区だった。反対する一部の人が請負業者だったウダゲさんに場所の変更を求めたが、ウダゲさんは拒否したとされる。

ウダゲさんの家族によると、同年5月1日未明に男4人が家に押しかけ、ウダゲさんを連れ去ったという。2日後、ウダゲさんの遺体は石切り場で発見された。

男4人は全員、上位カーストの人間だった。4人とも現在、収監中だ。数度にわたる保釈申請は却下され続けている。しかし、ウダゲさんのきょうだいのシュラバンさんは、家族は今でも危険にさらされているのではないかと恐れている。容疑者たちの家族が住む場所の近くを通るたびに緊張するという。

木からつるされて

カルダと呼ばれる村出身の二ティン・アージさん(当時17)は2014年4月28日、木からつるされ、遺体で発見された。

Image copyright Sudharak Olwe and Helena Schaetzle
Image caption アージさんの両親

アージさんは学校で、カースト上層地区の女の子と話している様子が目撃されていた。女の子のきょうだいを含む3人の男が、アージさんが女の子と恋愛関係にあるのではないかと疑い、アージさんをしばらくいじめていたという。

警察は、アージさんが学校で乱暴された後、女の子の家族が所有する敷地の中で首を絞められ殺されたとみている。犯人たちはアージさんが自殺したようにみせかけようとして、木につるしたとされる。

13人の男性が殺人罪に問われたが、2017年11月に無罪となった。アージさんの家族は再審を求め続けている。

「自殺だったかのように」

サンジェイ・ダナネさん(当時38)は2010年、勤務先の学校の近くで首をつった状態で発見された。彼の両親は、ダナネさんが職場で対立していたカースト上層の同僚たちに殺され、自殺だったかのように見せるためにつるされたと考えている。

Image copyright Sudharak Olwe
Image caption ダナネさんの父親

警察は、教師や委員会のメンバー、校長を含む18人程度を逮捕。その後、保釈金による釈放が認められた。

水へのアクセス

2016年2月、地方全体を襲った干ばつのため、村の井戸が枯れた。

10歳の少女、ラジャシュレー・カンブレさんは水を汲もうとして足を滑らせて井戸に落ち、頭を負傷したことで死亡した。父親のナムデブさんは、自分たちが住むダリット居住地区にも地元行政が水を届けていたなら娘は死ななかったとと主張する。

Image copyright Sudharak Olwe
Image caption カンブレさんの父親、ナムデブさん

カンブレさんたちの地区以外には水が届けられた。しかし、カンブレさんたちが繰り返し給水を要請したにかかわらず、行政は対応しなかった。

ナムデブさんは村長たちを警察に告訴しようとしたが、受理されなかったという。

「井戸を掘ったからと刺され」

マドフカル・ガッジさん(当時48)は自分の土地に井戸を掘ったことで、周囲の土地を所有していたカースト上層の男たち12人に殺されたとみられている。

Image copyright Sudharak Olwe
Image caption ガッジさんの息子、トゥシャルさん

ガッジさんは、井戸を掘っていたところを「やりのような」武器で攻撃されたという。親類によると、ガッジさんは運ばれた近くの病院で死亡宣告された。

ガッジさんの妻と息子は、自分たちが教育を受けた家族で、地元の政治活動にかかわっていたことも殺害の背景にあると考えている。

容疑者12人は3年後、下級審で証拠不十分を理由に無罪判決を受けた。遺族はムンバイ高等裁判所に控訴している。

頭を切断され焼かれ

2009年4月19日、19歳の誕生日を翌日に控えたロハン・カカデさんは帰宅しなかった。家族が捜索を開始した数時間後、カカデさんは、頭を切り落とされ、体を焼かれた姿で発見された。

Image copyright Sudharak Olwe
Image caption カカデさんの母親

5人のカースト上層の男たちが容疑者として挙げられた。男たちは、自分たちの姉妹がカカデさんと恋愛関係にあると思い込んでいたという。しかし、カカデさんの両親はそれを否定している。時たまカカデさんに電話をかかってくることはあっても、2人は友達だったという。

カカデさんの死亡から2年半後、父親が亡くなった。母親は裁判で争い続けたが、5人は全員、無罪放免となった。

ーー受賞もある写真家のスドハラク・オルウェ氏はムンバイを拠点に活動している

(英語記事 Caste hatred in India - what it looks like

関連トピックス

この話題についてさらに読む