非英国人のためのロイヤル・ウェディング・ガイド

Prince Harry and Meghan Markle Image copyright Alexi Lubomirski
Image caption ハリー王子とマークルさんの公式婚約写真

ハリー英王子と米女優メガン・マークルさんの挙式が5月19日に執り行われる。ハリウッドから英ハンプシャーまで、世界中がこのおとぎ話のようなウェディングに注目しているが、英国人でないと分からないことも多い。

ここではそんな人のために、「非英国人のためのロイヤル・ウェディング・ガイド」をお届けする。

まず、誰と誰が結婚する?

ハリー王子はエリザベス女王の孫で、チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の二男。彼は米国人の女優メガン・マークルさんと結婚する。

ハリー王子は王位継承権で6位に位置する。

2人は2016年に共通の友人を通じて知り合った。プロポーズは、ある夜に2人でチキンを焼いているときに行われたという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
婚約発表したハリー英王子とマークルさん BBC単独インタビュー

結婚式当日は何がある?

挙式は5月19日の正午(現地時間)、ロンドンから35キロほど離れたところにあるウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われる。日本から見るのであれば、同じ日の午後8時にチャンネルを合わせる必要がある。

米国の東海岸では当日の朝7時、西海岸では朝4時となる。

挙式のあと、新郎新婦は馬車に乗ってウィンザーの町でパレードを行う。ウィンザーは女王のお膝元でもある。2人は、公式行事や儀式で使われるアスコット・ランドー馬車を選んだ。

Image copyright Reuters

その後、ウィンザー城の聖ジョージの間でエリザベス女王主催の昼食会で式典は終了する。昼食会には600人が参加する予定だ。

午後には、新郎新婦はウィンザーにある王室所有地フロッグモア・ハウスで親しい友人200人を招いたパーティーを行う。

フロッグモア・ハウスは、2人が婚約写真を撮影した場所でもある。

Image copyright PA
Image caption フロッグモア・ハウスは17世紀に建てられた

英国は完全停止する?

そういうことはないが、人ごみが大好きでない限りは、ウィンザーへの観光はお勧めしない。

テレビでは特別番組が組まれるが、土曜日でもあるので、多くの人はいつも通りの週末を過ごすだろう。

この日は、サッカーFAカップの決勝戦の日なので、サポーターにとってはこちらの方が重要だ。

2011年にハリー王子の兄、ウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンさんの挙式が行われた際には、2400万人以上がテレビに釘付けになり、英国の歴代視聴率でトップ10に食い込んだ。1997年のダイアナ元妃の葬式(3210万人)や、1966年のサッカー・ワールドカップ決勝戦(3230万人)には及ばなかった。

しかしこのデジタルの時代にはテレビ以外での視聴方法も豊富で、BBCの全サービスを合計すれば、ウィリアム王子の挙式を見た人々は3400万人に上った。

弟のハリー王子の結婚式でも、世界中の数億人もの人々が視聴するだろう。

BBCは、この結婚式のビューイング・パーティーを行うコミュニティーについて、受信料を免除する。

政府も、結婚式前夜と当日夜のパブの営業時間を午前1時まで延長した。英国では、パブの営業は午後11時までと決まっている。

Image copyright Getty Images
Image caption 2011年のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式では、米国でもビューイング・パーティーが開かれた

挙式はどのようなもの?

英国の国教は、キリスト教の一派・英国国教会で、エリザベス女王が首長を務める。

つまり、王室メンバーは英国国教会の信者である必要がある。マークルさんは3月に、ジャスティン・ウェルビー・カンタベリー大主教から洗礼と堅信礼を受けた。

ウェルビー氏は、結婚式も執り行う。挙式では祈祷書への宣誓や讃美歌、聖書朗読などが行われる。

挙式では伝統的な賛美歌に加え、キャレン・ギブソンやキンダム・クワイアーといったゴスペルグループの曲も使われる予定。また、2016年にBBCヤング・ミュージシャン・アワードを受賞したチェリスト、シェク・カンネメーソンさんの演奏も決まっている。

マークルさんはプリンセスになる?

英国王室では、「プリンセス」(王女)という称号は複雑なものだ。ハリー王子の妻としては、彼女は「ヘンリー・オブ・ウェールズ王子妃殿下」(Her Royal Highness, Princess William of Wales)となる。

王家に生まれた者だけが、名前の前に「プリンセス」を付けることが許される。ただ、エリザベス女王がウィリアム王子の結婚を機に孫にケンブリッジ公爵位を授けたように、ハリー王子も公爵となる可能性が高い。

そうなれば、マークルさんは公爵夫人となる。

ダイアナ妃も、公式には「プリンセス・ダイアナ」ではなかった。彼女の称号は「プリンセス・オブ・ウェールズ」(皇太子妃)で、離婚後は「プリンセス・オブ・ウェールズ、ダイアナ」(Diana, Princess of Wales)という称号が与えられた。

同じように、女王の次男アンドリュー王子の元妻サラ・ファーガソンさんや、三男エドワード王子の妻ソフィー・リス=ジョーンズさんも「プリンセス」ではない。

マークルさんはティアラを付ける?

称号に関わらず、マークルさんは王室のティアラを付ける。ダイアナ元妃が亡くなったとき、彼女は息子たちの未来の妻へと宝飾品を残した。キャサリン妃はこれまでに公式の式典で、ダイアナ元妃やエリザベス女王所有の宝飾品を身につけている。

マークルさんの当日のドレスや宝飾品は、現時点では極秘とされている。彼女が何を身に着けるかは、生中継を見るしかない。

Image caption ダイアナ元妃はチャールズ皇太子との結婚式で、実家のスペンサー家に伝わるティアラを身に着けた

結婚式の招待客は?

招待されたことを明かしている著名人はごくわずかだが、可能性の高い人は何人かいる。

歌手のサー・エルトン・ジョンは、挙式の前後に予定されていたコンサート2公演を「スケジュールの問題」でキャンセルした。

スパイス・ガールズのメラニー・ブラウンさんも、彼女を含むメンバーが招待されたことをほのめかした。

テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手やインド女優プリヤンカー・チョープラーさんはマークルさんの親しい友人だ。また、英国のリアリティ番組「メイド・イン・チェルシ-」に出演していたミリー・マッキントッシュさんとの仲が良いと報じられている。

ハリー王子の親族席には、見慣れた王室メンバーが顔をそろえる。父親のチャールズ皇太子、義母のカミラ夫人、叔父や叔母、いとこなどが出席する予定だ。

マークルさんの父親、トーマス・マークルさんは、礼拝堂の通路を娘と共に歩くとみられる。トーマスさんは元照明デザイナーでメキシコに住んでいる。トーマスさんは先日、地元のスターバックスで「写真で見る英国の歴史」という本を読んでいるのが目撃された。

マークルさんの母親、ドリア・ラドランさんも出席する予定だ。

このほか、慈善活動などで活躍する一般人1200人が、ウィンザー城での式典に参加する。

呼ばれなかった人は?

世間では、ダイアナ元妃とデートしたかったという冗談を飛ばしたドナルド・トランプ米大統領が除外されるのか、はたまたハリー王子の友人であるバラク・オバマ前大統領が招待されるのか、注目が集まっていた。

しかしふたを開ければ、招待状は政治家には送られていないことが明らかになった。英政府としては、ホワイトハウスに言い訳をせずにすんだ格好だ。

テリーザ・メイ英首相も、野党・労働党のジェレミー・コービン党首も呼ばれていない。もちろんトランプ氏も、オバマ氏もだ。

マークルさんは、疎遠になっている異母兄弟がいるが、彼らも招待されていないだろう。

ベストマンとブライズメイドは?

ハリー王子の付き添い人となるベストマンには、兄のウィリアム王子が選ばれた。ウィリアム王子は自身の結婚式で、ハリー王子をベストマンに選んでいる。

「復讐は甘美だ」とウィリアム王子は話している。

一方王室は、マークルさんの付添い人ブライズメイドや聖書を運ぶページボーイは子供たちが行うと発表した。

ケンジントン・パレスのジェイソン・ノーフ報道官は、マークルさんには「とても結び付きの強い友人グループがあり、その中から数人だけを選ぶことはしなかった」と説明した。

ウェディングケーキは?

マークルさんは、英国王室の結婚式の伝統であるフルーツケーキを出さないことに決めた。

代わりに、彼女は米国人シェフのクレア・プタックさんに依頼し、クラシックな白いウェディングケーキを提供する。

プタックさんはマークルさんと同じカリフォルニア出身で、現在はロンドン東郊ハックニーに自身の店「バイオレット・ケークス」を構える。

プタックさんはインスタグラムでこの朗報を発表。「(ハリー王子とマークルさんは)共通の価値観をたくさん共有している。食材の産地や持続可能性、季節性、そしてもちろん味付けについても!」と付け加えた。

プタックさんのケーキは季節の材料やオーガニック食品を使うのが特徴。今回のウェディングケーキではレモン・エルダーフラワー・ケーキを作る予定で、「春の輝かしいフレーバーを取り入れる」という。

王室の発表によると、ケーキはバタークリームで覆われ、新鮮な花でデコレーションされる。

どうして招待客の女性はおかしな帽子を被る?

Image copyright Getty Images

英国発の最も偉大な服飾スタイルは、結婚式の女性招待客が被る風変わりな帽子の数々だろう。

この伝統はどこから来たのか?

何世紀もの間、女性は謙虚さの証として公共の場では頭髪を隠していた。この風習は1950年代には廃れたが、現在でも教会に行くときなど特別な場合には、髪の毛を覆うことがある。

王室の規範では、王室メンバーの女性は全員、公務の際には頭髪を覆うことが義務付けられている。マークルさんも、今年初めにウェストミンスター大寺院での礼拝に参加した際にはクリーム色のベレー帽を被り、この伝統に倣っていた。

英国外で結婚式の様子を見るには?

日本からは、BBCワールドニュースが当日に行うテレビ中継を視聴できる。BBC米国やBBCカナダ、BBCワールド・サービスのラジオでも放送される。

このほか、BBCニュースのフェイスブックページでもライブストリーミングを行う予定だ。

英国に行って見ることはできる?

結婚式を台無しにしようとする人はロンドン塔に送られるかもしれない。

ただ、ウィンザーに結婚式が行われている時間帯に行けば、パレードを眺めたり、コミュニティーやパブでのビューイング・パーティーに参加することができる。

長蛇の列と、満室のホテル、人ごみを除けばの話だが。

ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式との違いは?

Image copyright (C) British Broadcasting Corporation

長子先継の英国王室にあって、ハリー王子の王位継承権は6位。長男のウィリアム王子とは違い、ハリー王子の結婚式は(王室の基準では)To Doリストの上位にはない。

例えば、ウィリアム王子とキャサリン妃との結婚式が行われた2011年4月29日は、政府によって公休日となった。ハリー王子とマークルさんの挙式は5月19日の土曜日と、社会人にはあまりありがたみのない日程だ。

同じように、2人の挙式は現代のロイヤル・ウェディングの場となってきたウェストミンスター寺院では行われない。ウェストミンスター寺院では兄のウィリアム王子とキャサリン妃、父方の叔父や叔母、そしてもちろん、エリザベス女王とエジンバラ公フィリップ殿下が式を挙げた。

ウェストミンスター寺院の収容人数は1900人。対して、ハリー王子とマークルさんが挙式を行うウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂は800人だ。

(取材:ロビン・レビンソンキング、BBC)

(英語記事:A non-Brit's guide to the royal wedding

関連トピックス

この話題についてさらに読む