双子が70年ぶりに涙の再会 兄は弟の存在知らず
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

双子が70年ぶりに涙の再会 兄は弟の存在知らず

第2次世界大戦直後のドイツで生まれて間もなく別々の家族に引き取られた双子が約70年ぶりの再会を果たした。ポーランドからドイツの強制収容所に送られた母親は、自由になってすぐ双子を生んだものの、育てる体力が残っていなかったという。

米カリフォルニア州に移住した双子の弟は兄を探し続け、赤十字の援助でとうとうポーランドに住む兄を探し出すことができた。涙の再会を果たした弟は、いまも戦乱で家を追われ苦しむ人々に思いを寄せる。