アフガン病院の空爆に「激しく動揺」 国境なき医師団
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

アフガン病院の空爆に「激しく動揺」 国境なき医師団

国境なき医師団(MSF)英国の幹部、ビッキー・ホーキンス氏はBBCのインタビューで、アフガニスタンで同団体が運営する病院が空爆を受けたことについて、組織そのものも「激しく動揺している」と述べ、紛争地などでの長年にわたる活動で評価を受けている非政府組織(NGO)でも、今回の攻撃には大きなショックを受けていることがうかがわれる。

ホーキンス氏は、病院が戦地で「特別な扱い受けるべき」施設で、病院への攻撃は「国際人道法の違反」だと非難した。