マレーシア航空機墜落――オランダ安全委の調査で分かったこと
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

マレーシア航空機墜落――オランダ安全委の調査で分かったこと

昨年7月にウクライナ東部でマレーシア航空機MH17が墜落し、乗っていた298人全員が死亡した事故で、原因などを調べていたオランダの安全委員会が13日、調査結果を発表した。墜落原因はロシア製の地対空ミサイル「ブク」が操縦室の左上で爆発したためと考えられるという。動画シミュレーションで調査結果を分かりやすく解説する。MH17は、乗客の半数以上がオランダ国籍だった。