欧州のオオカミ、絶滅と繁殖の微妙なバランス
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

欧州のオオカミ、絶滅と繁殖の微妙なバランス

欧州はオオカミを保護動物にしているが、繁殖が進んだため家畜を襲う事例が相次ぎ、フランス政府はハンターがオオカミを狩ることを許可した。その一方で、英スコットランドのハイランド地方にある私有地では、英国で絶滅したオオカミを繁殖させる計画が進む。山に緑を戻すため鹿の繁殖を抑える効果が期待されている。人間は自然のバランスを保てるのか、一考の助けとなるかもしれない。