ゴールデン・ゲート・ブリッジに自殺防止ネット建設計画 効果のほどは?
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ゴールデン・ゲート・ブリッジに自殺防止ネット建設計画 効果のほどは?

米カリフォルニア州サンフランシスコにあるゴールデン・ゲート・ブリッジは観光名所であると同時に、自殺の「名所」でもある。1937年の完成以来、飛び降り自殺者は1600人に上る。このため自殺防止をねらった鋼鉄製ネットの設置が計画されている。それでもネットまでは6メートルほどあるため、飛び降りればけがをすると関係者はクギをさす。景観を損なうという指摘もあるが、自殺抑止の効果のほどが注目される。