【60秒解説】加工肉に「発がん性」=WHO
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【60秒解説】加工肉に「発がん性」=WHO

世界保健機構(WHO)はハムやソーセージなどの加工肉を発がん性のある物質と分類。危険度は異なるものの、車の排ガスなどと同じ分類になる。肉の加工に使われる塩や化学物質、また肉を加熱した際に生じる発がん性物質がその理由だ。サンドウィッチに挟む肉など気になるところだが、大量でなければ問題ないという。