ガウディの傑作「サグラダ・ファミリア」大聖堂 完成まであと10数年か
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ガウディの傑作「サグラダ・ファミリア」大聖堂 完成まであと10数年か

スペイン・バルセロナのスカイラインを彩る大聖堂「サグラダ・ファミリア」は、建築界の奇才アントニ・ガウディの最も有名な作品の一つだ。1882年の着工から130年余り、ようやく完成時期が見えてきた。ガウディ没後100年にあたる2026年が一つの目標。ただし、装飾など仕上げにはもっと時間がかかると予想されている。BBCのイレーン・ユング記者がリポートする。