『007』ボンド役のパーソナルトレーナーが語る体づくりの心構え 
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

『007』ボンド役のパーソナルトレーナーが語る体づくりの心構え 

映画『007』シリーズ最新作の『スペクター』が近日公開されるが、派手なアクション撮影には俳優の体づくりも重要だ。ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグのパーソナルトレーナー、サイモン・ウォーターソンさんにインタビューした。映画のセットでどのような動きが求められるのかを考えた上で、トレーニングの内容を決めるのだという。『007』であれば、走ったりダッシュしたり、壁を登り降りしたり、といった動きだ。このビデオでは、ウォーターソンさんは一般のジムトレーニングについても一言アドバイスしている。