モスクワの空港で「暮らす」シリア人少年
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

モスクワの空港で「暮らす」シリア人少年 家族と難民認定待つ

モスクワの空港内での「生活」を余儀なくされたシリア人一家。ロシアで難民申請が却下され、空港に足止めされてすでに40日がたった。9歳のロズカー君は、ここは寒くてあまり寝られないと話す。BBCのサラ・レインズフォード記者が取材した。