急性白血病の英幼児が「奇跡的」に回復 画期的な治療法で
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

急性白血病の英幼児が「奇跡的」に回復 画期的な治療法で

生後3カ月で急性白血病と診断され、助かる見込みのなかった幼児が「奇跡的」に回復しつつある。命を救ったのは、遺伝子操作された免疫細胞の投与などを組み合わせた、世界でも例を見ない治療法だ。幼児の両親や治療を成功させたロンドンの小児病院の医師らに取材した。