ロシア陸連の組織的ドーピング疑惑 広がる波紋
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ロシア陸連の組織的ドーピング疑惑 広がる波紋

世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会がロシアの陸上競技連盟が組織的にドーピングを行っていたと指摘し、波紋が広がっている。英国では、陸連トップがロシアに対する厳しい対処を求めたほか、選手らも、不正を行った選手と同じようにみられるのではないかと当惑する。BBCのダン・ローアン記者がリポートする。