パリ連続襲撃 14日未明までに分かったこと
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

パリ連続襲撃 14日未明までに分かったこと

フランスの首都パリで13日夜(日本時間14日早朝)、コンサート会場やレストランなどで銃撃や爆弾攻撃が相次ぎ、120人以上が死亡したとされている。

フランス政府は非常事態を宣言し、オランド大統領は現場で「フランスは戦う」と表明。

キャメロン英首相やオバマ米大統領はそれぞれ、フランス支援を表明した。

BBCのサイモン・ジョーンズ記者が現地時間14日未明の時点で判明している情報をまとめた。