独ハノーバーでサッカー親善試合が中止に 欧州に広がる厳戒態勢
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

独ハノーバーでサッカー親善試合が中止に 欧州に広がる厳戒態勢

17日夜に開催予定だったサッカーのドイツ代表対オランダ代表の親善試合が爆破攻撃の情報を受けて中止となった。13日にパリで起きた連続襲撃でもフランス対ドイツの親善試合が標的にされ、厳戒態勢がしかれるなか独当局が判断した。試合はメルケル独首相も観戦する予定だった。BBCのジェニー・ヒル記者が現地からリポートする。