「憎しみ」という贈り物はしない 犠牲者家族の投稿が話題に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「憎しみ」という贈り物はしない 犠牲者家族の投稿が話題に

パリ連続襲撃事件で犠牲となった女性の夫が犯人らにあてたメッセージがフェイスブックに投稿され話題となっている。妻のエレーヌさんは事件当時、最も多くの死者が出たバタクラン劇場にいた。夫のアントワーヌさんは、残された1歳5か月の息子と日常を取り戻す決意と共に、「『憎しみ』という贈り物をあなたにあげたりはしない」と犯人らに語りかける。