パリ連続襲撃から1週間 ニューヨーク市長は平常心呼びかけ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

パリ連続襲撃から1週間 ニューヨーク市長は平常心呼びかけ

パリ連続襲撃事件から1週間近くが経過した。フランス政府は、連続襲撃の首謀者とみられるアバウード容疑者が当局が18日に行った潜伏先急襲によって死亡したと明らかにしたが、警戒態勢は世界に広がった。パリ襲撃の犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)はニューヨークを含む欧米都市への攻撃を予告している。最新の動きをまとめた。