「あいつらには銃、我々にはシャンパン」 風刺紙シャルリー・エブド表紙に市民の反応は?
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「あいつらには銃、こっちはシャンパン」 シャルリー・エブド表紙に市民の反応は?

過激な風刺漫画で知られる週刊紙「シャルリー・エブド」。今年1月には襲撃を受け漫画家を含む12人が死亡している。パリ連続襲撃事件後に初めて出た号の表紙を飾ったのは、「あいつらには銃がある、我々にはシャンパンがある」との文句と共にシャンパンが体の穴から噴き出す人物の絵だった。パリ市民の反応はどうだったのだろうか。