パリに捧げられたヘミングウェイ名作 市民の間で人気に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

パリに捧げられたヘミングウェイ名作 市民の間で人気に

米国を代表する小説家ヘミングウェイが作家修行をしたパリ。第1次世界大戦後のパリには、「ロスト・ジェネレーション」と呼ばれ、後に米国文学を彩った、そうそうたる文筆家たちが自由を求め集まっていた。いま、連続襲撃事件に揺れるパリで、ヘミングウェイがこの街に捧げた「移動祝祭日」が売り切れになるほどの人気だという。