「信じるよ」との言葉が救いに――いじめにあった少女語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「信じるよ」との言葉が救いに――いじめにあった少女語る

「生きてても意味ない」――。いじめは国が違っても、不当で無慈悲な言葉を伴うことが多い。BBCのインタビューで語ったイギリスの少女は大人に話を聞いてもらい、「信じるよ」と言われたことが救いになったと話す。「少しの自信がトンネルの先のかすかな光になった」。