エアアジア機墜落の原因報告 納得よりさらなる疑問が
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

エアアジア機墜落の原因報告 納得よりさらなる疑問が

昨年12月にインドネシア沖でエアアジア機が墜落し162人が死亡した事故について、インドネシアの国家運輸安全委員会は1日、システムの不具合が墜落の主要因だったとする調査結果を発表した。報告書は、電子部品の亀裂がきっかけで問題の連鎖が発生し、操縦士たちが適切に対応できなかったことが墜落につながったと結論している。

しかしこれについては、整備や操縦士の訓練に不備があったのではないかという疑問の声もあがっている。

BBCのカリシュマ・バスワニ記者が解説する。