フェイスブック創業者の巨額寄付 有効活用できるか
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

フェイスブック創業者の巨額寄付 有効活用できるか

フェイスブック創業者で最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカ―バーグさんと妻のプリシラさんが今月1日、長女誕生の公表と同時に、慈善活動に約5兆5500億円を寄付すると表明した。巨額の寄付に世間は度胆を抜かれたが、寄付金を運営する財団「チャン・ザッカ―バーグ・イニシアティブ」は、子ども個々の才能を伸ばす教育などの目的に有効活用できるだろうか。