彼女のわけがないと思った――米加州銃撃の容疑者級友が語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

彼女のわけがないと―米加州銃撃の容疑者級友が語る

「彼女のわけがないと思った」――。米カリフォルニア州サンバーナディーノ郡で14人が銃で殺害された事件で、夫と共に銃撃に加わったとされるマリク容疑者の元級友がBBCの取材に応じた。パキスタンの大学で薬学を学んでいた頃のマリク容疑者は、男子学生にも話しかける人付き合いの良い女性で、政治よりも勉強の話が好きだったという。