「仕事や家族、将来に見通し」 ドイツで仕事学ぶ移民 
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「仕事や家族、将来に見通し」 ドイツで仕事学ぶ移民 

中東や北アフリカから欧州に来た移民の多くはドイツでの定住を希望しているが、ドイツは高齢化を背景に将来の人手不足が懸念されており、移民受け入れは双方に利益をもたらす可能性がある。大手企業はすでに動き始めているものの、中小企業は手続きの複雑さや言葉の習得などで二の足を踏む。BBCのジェニー・ヒル記者が若い移民や経営者らにインタビューした。