北京の大気汚染「赤色警報」 市民の声
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

北京の大気汚染「赤色警報」 市民の声

中国・北京で今週、大気汚染の深刻度が最悪の「赤色警報」が初めて発令された。建設が止まった現場では労働者が収入減を心配する一方、学校の休校で学童たちは自宅で自習を余儀なくされている。BBCのキャリー・グレイシー中国編集長が市井の声を集めた。