がん発症の最大要因、不運ではなく環境・習慣と 最新研究
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

がん発症の最大要因、不運ではなく環境・習慣と 最新研究

人はなぜ、がんにかかるのか。生活習慣や環境のせいか、それとも運が悪いからか。

定説が確立していないこの問題について、今年1月には3分の2の症例は不運が原因だという説が今年発表され、大きな議論を招いた。それに対して、16日に英科学誌「ネイチャー」に発表された米ストーニー・ブルック大学の研究チームの報告は、たまたま体が「不運」にもそうなってしまったからがんを発症したと言える症例は1~3割で、残りは生活習慣や環境が要因となっていると結論している。

リチャード・リスター記者が解説する。

(英語記事 Study suggests cancer is not 'just bad luck' /英語解説記事 Cancer is not just 'bad luck' but down to environment, study suggests