ISと戦うのは自分も同じ――英国籍の戦闘員語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ISと戦うのは自分も同じ――英国籍の戦闘員語る

シリアで穏健派の反体制勢力に加わった英国籍の戦闘員にBBCがインタビューした。イスラム教に改宗し自らをアブ・ドゥジャナと名乗る男性は、過激派組織「イスラム国」(IS)やアサド政権と戦っているのは米英の兵士と変わらないとし、IS掃討のためにはジハード(イスラム教聖戦)主義者を受け入れる必要があると話す。クエンティン・サマービル記者がリポートする。