イラク軍が要衝を奪回 敗走から半年余りで
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

イラク軍が要衝を奪回 敗走から半年余りで

イラク軍は27日、首都バグダッドから西に約90キロの位置にある要衝ラマディの中心部を過激派組織「イスラム国」(IS)から奪還したと発表した。軍は有志連合による空爆と連携しつつ、ISが残した仕掛け爆弾・地雷などを避けながら慎重に進み、政府庁舎があった区域を掌握した。ラマディは今年5月にISの猛攻に遭った政府軍が敗走した苦い記憶が残る地だ。BBCのトマ・フェシー記者がリポートする。