イラク軍のラマディ奪還 激しい戦闘物語る市街
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

イラク軍のラマディ奪還 激しい戦闘物語る市街

イラク軍が首都バグダッドから約90キロ西にある要衝ラマディを過激派組織「イスラム国」(IS)から奪還、今年5月の屈辱的な敗走から半年余りの反攻となった。しかし、長く続いた戦闘のため、市街地はがれきの山と化している。また各所に仕掛け爆弾や地雷が仕込まれており進軍は慎重に行われている。イラク軍に同行したBBCのトマ・フェシー記者がラマディ市内からリポートする。