第2次世界大戦の「慰安婦問題」で日韓合意
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

第2次世界大戦の「慰安婦問題」で日韓合意

28日の日韓外相会談で両国は長年の懸案となってきた「慰安婦問題」を「最終的かつ不可逆的に解決する」ことで合意した。11月の韓首脳会談では早期妥結を目指すことで一致、韓国のパク大統領は年内の解決を求めていた。合意内容には日本政府の謝罪と元慰安婦を支援する基金への10億円拠出などが含まれる。ソウルで取材するケビン・キム記者がリポートする。