何キロも何キロも水が 2015年のイギリス大洪水
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

何キロも何キロも水が 2015年のイギリス大洪水

英イングランド北部などでは、クリスマス後の週末にかけて降り続けた大雨で各地の河川が決壊し、主要都市ヨークやセルビーなどが冠水。周辺の田園地帯も、上空から見渡す限り何キロにもわたり、水浸しだった。

BBCのジェレミー・クックがリポートする。

この後、30日午前現在、新たな暴風雨「フランク」による水害が引き続き懸念されている。