ギニアでエボラ出血熱終息宣言 警戒しつつ今は喜び
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ギニアでエボラ出血熱終息宣言 警戒しつつ今は喜び

世界保健機関(WHO)は12月29日、西アフリカ・ギニアでのエボラ出血熱感染が終息したと宣言した。

2年間続いた集団感染でギニアでは2500人が死亡。隣国リベリアとシエラ・レオネでは合計9000人が死亡している。

ギニアの人々は更なる感染を警戒しつつ、ひとまず終息宣言を喜んだ。

イブラヒマ・ディアネ記者が報告する。

(英語記事 WHO: Guinea Ebola outbreak over