ごはんになるはずが…トラとヤギの驚きの友情
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ごはんになるはずが…トラとヤギの驚きの友情

種族や本能を超えた珍しい友情の物語が、ロシアのサファリパークで繰り広げられている。

ロシア極東部ウラジオストックのプリモーリエ・サファリパークは11月、トラの「アムール」に生きたエサとしてヤギを与えた。これまでそうしてきたように、てっきり捕食したものと思い4日後に様子を見に行ったスタッフは、驚きの光景を目にした。

モスクワ特派員のサラ・レインスフォード記者が、ドミートリ・メゼンツェフ園長に話を聞いた。