シーア派指導者処刑でイランとサウジ、対立悪化
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

シーア派指導者処刑でイランとサウジ、対立一気に悪化

サウジアラビアは2日、テロ関連で47人を処刑したと発表した。その中にイスラム教シーア派の宗教指導者が含まれていたため、イランの首都テヘランでは激しい抗議が繰り広げられ、サウジアラビア大使館が襲撃・放火された。

イランの最高指導者ハメネイ師がサウジアラビアは「聖なる復讐」を受けると非難する一方で、サウジアラビア政府はイランとの国交断絶を発表。中東地域で対立し続けてきたイスラム教スンニ派主要国サウジアラビアとシーア派主要国イランの対立は、ここへきて一気に先鋭化した。

ブリジット・ケンダル記者が解説する。

(英語記事 Saudi Arabia breaks off ties with Iran after al-Nimr execution