包囲されたシリアの町 こけた頬の子どもたち
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

包囲されたシリアの町 葉っぱのスープで空腹しのぐ

包囲された町で餓死者が続出――。現代のことだとはにわかに信じがたい惨状が、5年近く続くシリアの内戦によって生み出されている。首都ダマスカス近くの町マダヤは反体制派の支配下にあり、政府軍が包囲し物資などの往来を止めている。惨状を訴える人権団体などの声を受け、11日には国連などの援助チームが通行を許可されたが、運び込まれた物資は1カ月たてば尽きてしまう。人々は包囲を生き延びられるのか。