米フリント市の水道水に鉛 髪は抜け知能指数にも影響と
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米フリント市の水道水に鉛 髪は抜け知能指数にも影響と

ゼネラルモーターズ発祥の地で今や産業衰退の象徴と化した米ミシガン州の町フリント。その水道水に2014年以降、鉛が混入し、住民10万人の健康に影響を与えていることが発覚し、オバマ大統領は16日、非常事態を宣言した。

フリント出身の映画監督、マイケル・ムーア氏は、「単なる水の危機ではなく、人種差別の危機、貧困による危機だ」と糾弾している。

BBCのミシェル・フルーリー記者が報告する。

(英語記事 Flint water contamination: Tap water 'made our hair fall out'