スウェーデン人の人権活動家、中国テレビで「自白」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

スウェーデン人の人権活動家、中国テレビで「自白」

中国で人権派弁護士を支援した疑いで今月初めに拘束されたスウェーデン人の人権活動家、ピーター・ダーリン氏が19日夜、中国国営テレビに登場し、中国の法律を破ったと「自白」し「謝罪」した。

スウェーデン国籍のダーリン氏は、米NGO「チャイニーズ・アージェント・アクション・ワーキング・グループ(チャイナ・アクション)」のメンバー。中国政府が人権派弁護士や活動家の取り締まりを強化するなかで拘束された。NGOは罪状を否認し、中国政府を批判している。

マイケル・ブリストウ記者が報告する。

(英語記事 Swedish rights activist 'confesses' on Chinese TV