パキスタンで武装勢力が大学攻撃 構内に流血と弾痕と
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

パキスタンで武装勢力が大学攻撃 構内に流血と弾痕と

パキスタン北西部チャルサダのバシャ・カーン大学で20日、武装集団による攻撃があり、19人が死亡し17人が負傷した。約3時間に及ぶ治安当局との銃撃戦の間に、襲撃犯4人も死亡したという。

今回の攻撃がタリバン運動によるものか定かではないが、2014年にはペシャワルで軍系列の学校がタリバン系の組織に襲撃され、132人の生徒が犠牲になった。

チャルサダからシャイマ・ハリル記者が報告する。

(英語記事 Pakistan attack: 'Panic and fear' as gunmen target Bacha Khan University