リトビネンコ氏暗殺の容疑者、英調査は「芝居だ」と反論
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

リトビネンコ氏暗殺の容疑者、英調査は「見世物だ」と反論

英内務省の公開調査委員会は21日、2006年にロンドンで起きたロシアの元情報将校アレクサンドル・リトビネンコ氏の毒殺事件について、ロシアのプーチン大統領が殺害を「おそらく」承認していたとする調査結果を発表した。

実行犯のひとりとして英政府などから国際指名手配されているアンドレイ・ルゴボイ容疑者は、英政府調査を政治的目的のための「見世物だ」と反論した。

(英語記事 Litvinenko murder: Andrei Lugovoi claims UK inquiry is 'a spectacle