デンマーク議会が難民の貴重品没収を承認 強まる内向き志向
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

デンマーク議会が難民の貴重品没収を承認 強まる内向き志向

デンマークの議会は26日に亡命希望者の所持品から1万クローネ(約17万円)相当を超える貴重品を没収できる制度を承認。国連や人権団体からは非難の声が上がっている。一部には第2次世界大戦でナチス・ドイツがユダヤ人の貴重品を没収したことを連想させるとの指摘もある。

中東などの紛争地域から移民・亡命を希望する人々が欧州に大量に流入するなか、各国で受け入れ制度の厳格化や国境管理強化の動きが相次いでおり、欧州連合が掲げてきた地域統合の理想さえも危うい状況だ。BBCのカティヤ・アドラー記者がリポートする。