パジャマで学校来ないで 保護者に学校が要請
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

パジャマで学校来ないで 保護者に学校が要請

英北部ダーリントンの小学校で、パジャマ姿で子供の送り迎えをしないようにと、校長が保護者たちに手紙を書き、話題になっている。スカーンパーク学校のケイト・チゾム校長は、クリスマス会や保護者会にさえ保護者がパジャマ姿でやって来るのを見て、「いくらなんでもこれはひどい」と堪忍袋の緒が切れたと話す。パジャマはどこまで許されるのか。有名人にまつわるエピソードも紹介する。